top of page

7月の2Lプリントのご紹介

2021年8月15日から サポート会員募集開始しました。 2023年7月で24回目となります。 サポート会員様募集中! 【月替わり】宮崎の絶景サイン入りプリント(定期便あり) | Art Photo AYAwww.artphotoaya.com800円商品を見る 7月の定期便の写真を撮影しようと決めたのは 夜中の2時過ぎだったそうです な、なぜに それは写真家本人のコメントにあります 毎回、最新の撮れたて写真を プリントしてお届けしています。 サポート会員さま向けに編集してプリントしますので 今後同じ写真を販売する予定はありません。 (作品展などでの販売はあり得ますが、サイズは変わります) 定期便の「額あり」をお申込みいただくと 初回は額に入れてラッピングしてお届けします

「受け継がれる棚田 ~尾戸の口棚田~」 撮影地:宮崎県高千穂町 撮影日:2023年6月27日 ※お届けする写真は↑のロゴ入りタイプとロゴなしタイプの2枚入りです。 写真家からのコメント  田植えの時期は梅雨ですので天気の悪い日が続きます。雨の中の棚田も美しいでしょうが、水面に青空が写り込んだ風景を撮りたいと思っていました。そんなある日、天気予報を夜中にチェックしていたら“午前中に3時間ほど晴れる”と出ていました。このチャンスを逃したらまた来年まで撮れない気がしたので午前3時前に自宅を出発して撮影に向かうことにしました。 到着したのは早朝6時です。このとき高千穂町は濃い霧の中でした。雲海でも有名な高千穂町は霧の発生率が高いのです。霧の中に立っていると、空は曇っているようにしか見えません。7時になっても低い雲が辺りを漂っています。諦めかけたころ、偶然にも棚田の持ち主が私の近くにやって来て声をかけてくれました。「今の季節の高千穂はこんなもんよ(こんなものだよ)、もう少ししたら晴れるが(晴れるから)」この言葉を信じもう少し待つことにしました。           定期便のお便りには 撮影時のちょっとしたエピソードを書いています お届けする日は 初回にお申込みいただいた日以降になります。 (8月15日にお申し込みの場合、毎月15日以降にお届け) お届けする写真は 毎月1日頃にこちらのブログ・TwitterfacebookInstagramにてお知らせします。 今後とも サポート会員の皆様に 宮崎の絶景をお届けできるよう 感染予防対策を行いながら 撮影に励んでいきたいと思います

サポート会員様募集中!


合同会社RINZU

〒880-0805

宮崎県宮崎市橘通東3-5-33

電話・FAX:0985-27-0050

予約専用:090-3192-1969(写真家 綾順博)

Eメール:nob01@nifty.com

Instagram(ロケーション撮影専用):https://www.instagram.com/artphotoaya_location/ FaceBook:https://www.facebook.com/artphotoaya   撮影料金のご案内 ☆ プロフィール 撮影料金は コチラ≫ ☆ お宮参り 記念撮影料金は コチラ≫ ☆ 七五三 撮影料金は コチラ≫ ☆ 成人記念 撮影料金は コチラ≫ ☆ ブライダル 撮影料金は コチラ≫ ☆ ブライダル前撮り 撮影料金は コチラ≫ ☆ 敬老の日 撮影料金は コチラ≫ ☆ マタニティーフォト 撮影料金は コチラ≫ ☆ ニューボーンフォト 撮影料金は コチラ≫ ☆ 「終活」用プロフィール撮影料金は コチラ≫ ☆格安プランは コチラ≫ ☆出張料金一覧表は コチラ≫ ☆フォトブック制作は コチラ≫ 写真の幼稚園・写真の学校のご案内 ☆オンライン写真教室「写真の幼稚園」   第1回は無料公開中!  詳細・お申し込みは コチラ≫ ☆オンライン写真教室「写真の学校」   第1回は無料公開中!  詳細・お申し込みは コチラ≫   写真家本人のブログはコチラ≫ 写真家 綾順博のブログ ~*~*~*~*~*~  Art Photo AYAのFacebookページはコチラ≫ Art Photo AYA  ぜひ「いいね!」お願いします(*^_^*) ~*~*~*~*~*~ YouTubeはコチラ≫ Nobuhiro Aya 撮影の様子などを動画でアップしています。 チャンネル登録よろしくお願いします! ~*~*~*~*~*~ 公式LINEアカウントはコチラ LINE Add Friendlin.ee オリジナルグッズ販売中! ショップ | Art Photo AYA | 写真家 綾順博 の写真事務所 | 宮崎県宮崎市 | カメラマンArt Photo AYAのオンラインショッピングサイトです。www.artphotoaya.com

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page